【新品種】秋田のお米「サキホコレ」の感想や評判、どんな味なの?

サキホコレとは

 
2022年に発売が開始された秋田県産の品種です。
あきたこまちを超えるようなブランド米にしようと、力を入れて育てられているお米です。
 
技術的にみると品種交配で大粒を目指し、栽培管理では蛋白値を抑えて食味向上を目指しているお米だと思います。
 
 
詳しくは別の記事でご覧ください。

秋田県の『サキホコレ』、どんなお米?特徴は?

 

サキホコレの評判

 

Twitterでの評判


 

米農家からの評判

今年から一般販売が開始されたこともあって、知人の山形県の米農家の方から「サキホコレの評判良いね」と時々話題に上がります。
 
ある庄内地域の農家グループが東北6県の代表するお米で食べ比べを実施したところサキホコレが一位だったという報告も受けています。
 
米農家の間で評判は上々のようです。
 

評判から見えてくるサキホコレの特徴は?

 
秋田県民の中ではネーミングはイマイチという声を聞く事はありますが、味の評価の方は割と良いのかなと感じています。
味は好みは人それぞれなので様々な感想があると思いますが、自分が食べた感覚、消費者の感想、販売店さんの評価などから見えてきた特徴をまとめます。
 
食べた方の感想や販売店さんの食味チャートなどを総合すると
 
少しもっちり系のひとめぼれつぶぞろいに近い食味だと思われます。
 
個人的には、ひとめぼれより少し硬めでしっかりしている印象を受けています。
 
秋田県が公表している食味チャートではコシヒカリよりももっちりしているとしていますが、申し訳ないけど流石にそれはないんじゃないかと思っています。
 
秋田県が公開している食味チャートや、発売前の資料ではあきたこまちコシヒカリを超えるお米にすると告知していたので、私自身は香りや甘味が強いお米になると思っていました。
購入された方の中には同じ認識だった方もいたのではないかと思います。
甘味や香りが物凄く強いお米ではないと思いますが、粒のしっかりした食べ応えのあるお米になっていると思います。
 
このように甘味が強すぎない食味のタイプは毎日お米を食べる方にオススメ食べ飽きずに毎日美味しく召し上がっていただけると思います。
 
秋田県では主にあきたこまちひとめぼれが生産されていますが、他県の農家さんや私が送った先々でも粒が大きく食べ応えのあるという評価をいただいています。
秋田県はサキホコレを含め、粒が大きく食べ応えのあるお米が採れる地域なのかもしれません。
 
サキホコレだけでなく秋田県産のあきたこまちひとめぼれもオススメです。
 
【参考サイト】
品種について-ごはんのふるさと秋田へ
 

秋田県産のお米紹介




 
 

特徴で選ぶあなたにオススメのお米

 
一般的な評価を紹介していきますが、栽培地域・栽培方法・気候など様々な要因で同じ品種でも食味は変わると思います。
感じ方もひとぞれぞれだと思いますので、そのあたりを踏まえた上で参考にしていただければ幸いです。
 

強い甘味ともっちり感

お米の甘味やもっちり感を求めている方は、コシヒカリやもっちり最強のミルキークイーンなどがオススメです。
 



 

程よい甘味ともっちり感

サキホコレひとめぼれはこのあたりのバランスのよいタイプだと思います。
 



 

あっさりとした風味

お寿司屋さんに愛され続けているササニシキきらら397ななつぼしなどの北海道産のお米は比較的あっさりとした風味だとされています。
 




 
 

秋田のお米「サキホコレの塩おにぎり」を食べてきた!感想レビュー

 

コシヒカリはどこで生まれた?名前の由来や誕生についてまとめました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください